アルバイトをしていれば、学生でも即日融資を受けられる

キャッシングの即日融資は便利なものです。学生生活を過ごしていて急な出費に迫られた時、即日融資に頼りたくなることもあります。しかし学生だから融資を受けられないと思い、申込に躊躇してしまうことも考えられます。

 

実は、学生でもキャッシングの即日融資を利用することは可能です。しかし学生は一般社会人に比べ融資の基準が厳しくなります。そのため学生で即日融資を受けるためには守るべきポイントが存在しています。

 

学生の審査は厳しくなる

キャッシングの融資を受けるためには20歳以上である必要があります。そこで学生であっても20歳未満の大学生や高校生は、キャッシングを受けることはできません。しかし20歳以上の大学生で、一定の収入がある場合にはキャッシングの融資を受けることは可能です。

 

学生は、一般社会人に比べ収入が乏しいのが一般的です。そこで学生が融資可能となる金額の枠である融資枠は社会人に比べ低くなります。また学生が申し込む場合には、社会人に比べ慎重な審査が行なわれる傾向にあります。そこで申込に際しては、虚偽の記載をすることなく、きちんと申込書に記載する必要があります。また審査に1時間以上の時間がかかることも考慮して、なるべく早めに申し込むことも大切です。

 

アルバイトは必須の条件

学生が即日融資を受けるための必須の条件はアルバイトをしていることです。金融機関の立場からすれば、無収入の人物はきちんと返済できないと判断されてしまうのです。

 

アルバイトをしていない学生は、審査に通ることはできません。また融資してもらえる融資額は、アルバイトの収入に左右されることになります。学生が百万円単位の融資を受けることはできないため、注意する必要があります。

 

学生ローンの利用も可能

収入がある学生は消費者金融のキャッシングを受けることができますが、それ以外にも学生ローンを頼る方法もあります。学生ローンは有名大学の側に営業している場合が多く、学生の大学名を信用して融資を実行します。

 

有名大学の学生なら就職が確実て、就職後に融資の回収が可能であることを想定して融資するのです。そこで学生ローンはすべての大学生が利用可能というわけではありません。しかし東京6大学など有名大学の学生であれば、学生ローンの利用も選択肢となります。

 

クレジットカードのキャッシング枠を利用することも

大学生はクレジットカードの学生カードを持っている場合が多く、その学生カードのキャッシング枠を利用するという方法もあります。金利や手数料が掛かりますが、特別な審査を受けることはなく保有しているクレジットカードから融資を受けることが可能となります。ただし、学生カードの融資枠は非常に小さく10万円程度な場合もあるため、少額の融資しか受けられないことに留意する必要があります。

 

まとめ

急な出費に迫られた場合、大学生であっても20歳以上でアルバイトをしていれば、キャッシング会社の即日融資を受けられます。ただし大学生であることから、審査に時間がかかり、融資される金額も少額に限定されます。

 

また学生ローンや、クレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法もあります。いずれの方法でも、融資される金額は少額に留まることに留意する必要があります。