融資希望額を低くすることで即日融資が可能です

即日融資を希望する場合、まずそれに対応したキャッシング会社を選択する必要があります。

 

また融資希望額を低くすることで審査に掛かる時間が短くなり、慎重な審査を必要としなくなる為、結果的に早く融資を受けられることになります。

 

融資希望額が高額な場合

申し込み時から高額の融資を希望した場合、収入証明書の提出を求められることがあります。これは融資額が50万円以上の場合には必ず必要になります。また他社からの借り入れ額と合わせて100万円を超えるような場合にも収入証明書が必要とされることが多いです。

 

審査は収入面だけでなく、他社からの借り入れ件数や総額、返済状況などの信用情報も含めて総合して判断されますが、高額の場合はより慎重に審査しますので、どうしても時間が掛かってしまいます。少しでも返済に不安があると思われてしまった場合、残念ながら融資自体が下りない可能性もあります。

 

年収の1/3以下までが限度

キャッシングが可能な金額は、その人の年収の1/3までです。これは借り入れの総額で、他社からの借り入れと合わせてそれを超えてしまうような融資は、キャッシング会社はその時点で受けることができません。これは総量規制という貸金業法で決まっている規定で、消費者金融からのキャッシングはこれに該当します。その対象外となる銀行のローンやおまとめローンもありますが、即日融資向けではありません。

 

即日融資なら50万円以下

このように即日融資を希望する場合、まず希望額は年収の1/3以下、既に他社からの融資を受けている場合はそれと合計して100万円以下の範囲に抑えることが大切です。その為、現実的には50万円以下が妥当です。

 

この金額であれば収入証明書を必要としないので、審査に掛かる時間も短くなり、即日融資を受けられる可能性が高くなります。それほどの額を必要としない場合、本当に必要な額だけを希望しましょう。少なければ少ないほど審査も簡略化され、融資までのスピードが速くなります。申し込み時に必要な書類も身分証明書だけです。

 

利用目的を明記しましょう

融資希望額が少ない場合も、その利用目的によっては審査をスムーズに通らない場合があります。例えば他社への返済の為や生活の為などと書いてしまっては、通る審査も通らなくなってしまう可能性があります。

 

ここには具体的な高額でない買い物や、特定の趣味に使用するなどと無難な理由を記入しましょう。

 

限度額が高く設定されることも

 

少額の融資を希望した場合でも、限度額が30万円や50万円などと設定されることがあります。これはその範囲であれば、その人に貸しても問題がないと判断したからです。

 

キャッシング会社も、できれば多く融資を行いたいと思っています。ですので必要以上の限度額が設定されることも少なくありません。必要が無ければ無理にそこまで借りる必要はありませんが、いざとなった時の備えとして限度額は多いほど安心できますし、またそれだけの信用があるということです。