日曜日でも融資してもらえる即日融資とは?

「まだ給料日まで日数があるのに、日曜日にお金を予定よりも多く使ってしまって、明日からお金はどうしよう!」このような経験はありませんか?実は、こういった状況の時は、キャッシングサービスを利用するのが一番簡単です。

 

「キャッシング」は、お金を借りることに違いありませんが、キャッシングの大きな特徴は、担保や保証人といったことが不要なことです。消費者金融のテレビCMで謳っているように、近くの店舗や無人受付機がある拠点に出向いて申し込みをすれば、お金を簡単に借りることが可能になります。

 

一般的に、日曜日は消費者金融の営業窓口は閉鎖されているので、店舗窓口でのキャッシングの申し込みはできないことが多いのですが、消費者金融のインターネットのページにアクセスすると、休日とは関係なくパソコンやスマートフォンでキャッシングの受付が可能です。しかも審査の結果も申し込んだ日のうちに出る場合も多いです。審査の一部に、在籍確認という会社に勤務していることを確認する電話もある場合があります。

 

在籍確認は、必ずしも行われることはないのですが、日曜日であればたいていの会社は無人です。そして、その時にもし、在籍確認の電話があった場合、誰もいないので、電話を受け取れず、在籍確認がされません。公休日が日曜日の会社に勤務されている場合は、電話での在籍確認のないキャッシング会社を利用する必要があります。

 

消費者金融のカードローンなら、日曜日も申込から審査まで完了!

一般的に、銀行で提供しているカードローンを申し込む場合、電話での在籍確認がほぼ確実に行われます。一方の消費者金融の一部ですが、電話での在籍確認の代わりに、給与明細書や源泉徴収票を申込時に提出することで審査まで完了する「WEB完結」というサービスもあります。

 

消費者金融の特徴の一つに、審査スピードが銀行の審査よりもスピーディーで、日曜日といった休日でも即日融資までできるサービスもありますので、日曜日にどうしてもお金を借りたい場合の方にもおすすめのサービスになります。職業を問わず、フリーターや派遣社員といった場合でも、審査は比較的通りやすいと言われています。

 

その一方で、注意しなければならない場合もあります。それは、日曜日は銀行の振り込みのシステムが止まっているので、銀行振り込み経由での融資ではその日ではなく、翌営業日までお金が入金されません。もし、日曜日のうちにお金を借りたい場合は、各消費者金融で設置されている自動契約機による申込をする必要があります。

 

自動契約機は、融資の申し込みから審査・カードの発行までできる機能があり、審査に問題なくカードの発行がされれば、併設しているATMで融資を受けられます。自動契約機経由の申し込みでの注意点として、融資の可否が出るまで自動契約機のブースにて待たなくてはなりません。

 

その待ち時間を減らせる方法として、自宅で利用したい消費者金融のホームページにアクセスしてインターネットでの申し込みを事前に行い、審査結果が出てから自動契約機に出向き、自動契約機で本人確認をする方法があります。この場合、自動契約機での待ち時間を大幅に減らすことができます。この方法を利用した場合、本人確認のために身分証明書が必要となりますので、その書類を忘れずに持ってきてください。

 

一部の銀行では、キャッシングサービスの自動契約機を設置していますが、消費者金融の自動契約機の方が全国各地に設置されていますので、地方在住の方でも利用しやすいと言えます。自動契約機に併設されているATMは、振り込み手数料が不要の場合が多いので、借り入れだけでなく返済もATMで行うことができます。

 

また、もし、銀行のネットバンキングを契約していて、その銀行のカードローンを利用する場合は、銀行営業日でない土・日・祝日でも24時間借入が可能というサービスも提供している場合があります。